ねこにうまれかわるひ


by shidainikodomo226
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2009年 06月 16日 ( 1 )

青年団国際演劇交流プロジェクト2009 日仏交流企画
『鳥の飛ぶ高さ』 Par-dessus bord

原作:ミシェル・ヴィナヴェール 
演出:アルノー・ムニエ
翻案・演出協力:平田オリザ 

こーゆーのを観たのさ~
例によってなんの下調べもなく 「青年団」=平田さん演出だろ~
くらいに思って観に行ったら 演出はアルノー・ムニエとゆーフランス人だった

時折 フランス語と英語の会話が混ざったりして
はじめて演技と字幕を交互に観る とゆー経験をした

一言で言えば あまり面白くなかった
青年団の俳優さんは相変わらず すごく演技が上手かったけど
お芝居全体では ただ 出来事を説明されてるよーにしか感じなかった

原作の脚本通りに上演すると7時間にも及ぶそーだ
それを2時間少々に新たに平田さんが書き直しての公演
演出家と俳優との意思疎通不足なのかどーかわかんないけど
未完成な印象を受けた

この公演の一週間前には
野外テント公演 劇団どくんご「ただちに犬」を観た
これは面白かったな~

岡山ドームにテントはって
舞台と その向こうに広がる広場や水飲み場も舞台の風景の一部になって
風が吹き 芝居と関係ない音や通行人も芝居の一部になって...

夢の中に自分がいて 繰り返し くりかえし同じ夢を見てるよーな不思議な感覚

メリーゴーランドの馬が動きだし 馬の背中には
スーパーボールをぎっしり詰め込んだ袋がいくつも積まれていて
動くたびに袋から ポロッポロ ポロッポロ とスーパーボールがこぼれ落ち...

「おっちゃん あれ何?あれは なんなん?」と少女はメリーゴーランドの番人に尋ねるけど
おっちゃんは背中を向けたまま....

目が覚めると泣いていた....いつの間にか泣いていた
そーゆーときの夢を見てるようだった

どくんごさんの旅公演ははじまったばかり
私が京都で日仏交流企画を観てる頃
どくんごさんも京都のお寺でテントはってたよーです
これから全国をまわります
機会があったら ぜい一度ご覧下さい


  
[PR]
by shidainikodomo226 | 2009-06-16 19:37 | 演劇